バレエの開脚を美しくしたい人必見!ティシューで股関節を伸ばす方法

最近、「子供がバレエをやっていて、もっと体を柔らかくしたい」というお問合せを数件いただきました。

自宅でのストレッチだけだとなかなか柔軟性がupしない・・と悩んでいる方もいらっしゃるようなので

エアリアルティシューを使った柔軟性をよりUPできるストレッチ方法をご紹介します。

ご興味のある方は、ぜひお問合せ下さい!

 

股関節の可動域 横開脚編

 

開脚1

 

teri先生の見事なまでのキレイな開脚!

フロアのストレッチと比較して、エアリアルの場合どのような作用が働いているかというと・・・

開脚2

腰の後ろから脚にかけて(赤い○の部分)ティシューを通すことにより、自分の体重を使ってハムストリング(赤い矢印:太腿の裏側)や

脚の付け根(白い矢印部分)を無理なく調整しながら広げることができます。

フロアでのストレッチだと、180度以上の可動域を作るために、ブロックなどを使ってストレッチすることもできますが、

ブロックの大きさは一定であることを考えると、エアリアルティシューの方が、微調整しながら徐々に伸ばすことができるメリットがあります。

 

 

股関節の可動域 縦開脚編

開脚3

縦開脚の場合は、前に出す脚と後の脚と伸ばす部分が少し異なってきますが、まずは後ろ脚。

ティシューを足首に引っ掛けることによって、脚の付け根から太腿の前、膝(赤い○の部分)がしっかり伸びます。

これも、曲げている方の脚(上記写真の場合、右)を調整するととによって、ストレッチの負荷を変えることができます。

開脚4

▲赤い丸の部分、膝の角度が変わると、後ろに伸ばしている脚の伸縮度が変わる

 

さらに、この流れから、脚を横に持ってくることもできる

開脚5

▲横開脚になり脚の付け根、太もも裏が伸びます

 

開脚6

▲再び前に持ってくると前に出す脚の裏側全部(ハムストリング・膝裏・足首)伸びます

 

16歳以下の方は個別にお問合せ下さい

 

teri先生によるエアリアルティシューを使ったストレッチは、エアリアルティシューUltra Lightのレッスンで実践できます。

スケジュール(オンライン予約)

なお、16歳以下の児童・生徒の方で、バレエや新体操などをしていてさらに柔軟性を高めたい!という方は

個別にレッスンを実施しております。

お気軽にお問合せ下さい。

お問合せページ

こちらもぜひ参考にしてね

スケジュール・カンタン予約

ブログカテゴリー

PAGE TOP